カテゴリー
住宅

マンションナビの網羅している相場データ活用術

マンションの売買データって、私たち一般人が手に入れるにはハードルが高い感じもしますよね。それもそのはず、少し前までは不動産屋へ足を運ぶか、売りに出ているチラシを集めてくるくらいしか情報源がなかったのです。マンションナビでは、その不便さや不公平感をなくすために相場データを網羅し、ネット上で公開してくれています。今回はこのデータを活用しているパターンをご紹介してみましょう。

マンションナビの相場データは全国規模だけど関東が強い

マンションナビの網羅しているマンション売買の相場データは全国規模です。独自に集められたということですので、これだけの数を集めるのは大変な労力だろうと思います。ただ、マンションナビを運営しているマンションリサーチ株式会社が最初にマンションナビとして立ち上げ、公開した範囲は東京近郊でした。そのためか、関東など首都圏の網羅率はすごい感じがするのですが、遠く離れた田舎の方のマンションデータは、網羅率が少ない地域もあります。簡易相場にはなりますが、地図上で、あるいは住所やマンション名を入力するだけで簡単に表示できるので、いろいろな業種で活用されているようです。

売買にも役立つけれど投資調査として活用している人もいる

マンションナビを使う人のほとんどはもちろん、自分の所有する物件を売りたいか貸したいかで一括査定をするために活用しています。その時に、簡易な相場も気になる所ですし、自分の希望額を決める時の参考にもなりますので、まずは相場データを見る人も多いです。その他にも、不動産投資をしている人たちにも、この相場データは役立っているようです。相場は常に変動し、上がり下がりが激しいものです。それだけに周辺物件の動向もチェックしつつ、売り時や買い時を見定めるのに一役かっているのでしょう。

簡易相場=売却相場ではないので納得できる説明ができる担当者を選ぶ

自分の所有するマンションの売却価格を決める時に注意したいのが、マンションナビが網羅している相場データはあくまでも簡易の相場であって、詳細に査定した額とは必ずしも一致しないということです。変動が激しいということも一因ではありますが、査定した結果、相場よりも高額になることも、逆に低くなることもあります。周囲の相場を参考にしつつ、どんな原因で高くなったのか、あるいは低くなったのかを不動産担当者に聞きながら、納得できる説明をしてくれる所を選ぶのも一つの方法です。この説明力や納得のさせ方を見ていれば、信頼できる不動産会社かどうかは判断しやすいのではないでしょうか。売却活動をするためには、ぜひいろんなデータを活用しながら、成功させてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です